引越しで周波数が変わっても家電は利用できるの?

古い家電だと気を付けたい引越し時の周波数

引越しの際、旧居と新居では電気の周波数が変わってしまうことがあります。

 

電気には50ヘルツと60ヘルツという2種類の周波数が存在し、それぞれに対応した家電もあれば、そうでない製品もあります。

 

 

 

このため、引越しの際には周波数にも気を付けておかなければいけません。

 

 

このヘルツは東西によって分割されています。

 

 

主に静岡県の藤川周辺または新潟県の糸魚川周辺を境にして、電気の周波数が変わります。

 

 

 

例えば、東京から大阪へ引っ越した場合、もしくはその逆はヘルツが異なるために注意しましょう。

 

 

 

周波数が異なっても使える家電は様々あります。

 

 

主な家電はテレビ、パソコン、ラジオ、炊飯器、掃除機、こたつなどです。

 

 

エアコンや扇風機、冷蔵庫は周波数によって性能が変わることもあります。

 

 

エアコンの冷暖房機能が弱い、冷蔵庫内の温度がなかなか下がらないといった場合があるので注意しましょう。

 

 

 

 

また、電子レンジや洗濯機は周波数の違う地域で使用することはできません。

 

ただし、一部インバーターなどを搭載したヘルツフリーと呼ばれる製品も販売されています。
(現行の商品ではこちらの方が多いです。)

 

 

ヘルツフリーに対応した家電製品は、50・60ヘルツどちらの地域でも使うことができます。

 

 

 

電子レンジや洗濯機のように、周波数が違うと使えない家電はそのまま使用を続けると壊れてしまうことがあるため、

 

 

製品の説明書に使用上の注意として記載されている部分をよく読み、必ず新居の周波数を確認しておきましょう。