エアコンの引越しを自力行う方法

エアコンの取り付け取り外し方法

引越しの際、エアコンの取り付け取り外しは一般的には専門業者に依頼するか、オプションとして別料金で引越し業者にお願いすることになります。
素人が適当に取り外しや、取り付けを行うと、上手くいかない事が多いためです。

 

なので自分で行う場合は、十分に注意して作業する必要があります。

 

 

@自力で行う場合、まずエアコンを取り外すためにポンプダウンを行います。

 

エアコンを冷房運転してから室外機の高圧バルブを六角レンチで閉じ、しばらくしてから低圧バルブを閉め、エアコンの運転を停止させ、ポンプダウンが終了です。

 

 

A次にエアコンのコンセントを抜き、電線を取り外します。

 

電線は色分けしてあるので取り付けることを考えて、室外機、室内機共に色が分かるようにしておくと良いでしょう。

 

 

 

B電線の取り外しが終わったら配管の取り外しです。

 

取り外したらビニールテープでフタをしてホコリが入らないようにします。

 

 

C次は室内機、室外機の取り外しです。

 

室内機の下部がビス止めされていることもあるので、取れないときは無理に引っ張らず下部を確認しましょう。

 

 

転居先でのエアコンの取り付けは簡単にいうと今やった取り外しの逆です。

 

 

D配管をフレア加工し、室内機室外機の配管接続、電線接続を行います。

 

配管の接続が甘いとガス漏れを起こしますので注意が必要です。(締めすぎもダメです×)

 

 

 

E真空ポンプで配管内の空気を抜き、冷媒ガスで配管内を充満させます。

 

配管内に水分や空気が入っているとコンプレッサーの故障の原因となるので注意が必要です。

 

 

Fここまでできたらバルブを開け試運転します。

 

異常がなければこれでエアコンの取り付けは終了です。

 

 

 

こう手順を書くと意外に簡単と思うかもしれませんが、自力でのエアコンの取り付け取り外しはリスクが高いと言えます。
専用工具が必要になりますし、配管工事の知識が必要になります。

 

エアコンの種類によって取り付け取り外しの方法に違いがありますし、まったくの素人がエアコンの取り付け取り外しを完璧に行うのは難しいでしょう。
よほど腕に自信がない限りあまりおすすめはできません。

 

 

ちなみに、引越し業者に依頼する場合はオプション費として設置費用は20000円〜25000円が相場になります。
配管の延長が必要な場合は別料金になります。