液晶テレビの引越し準備

壊れやすい家電は作業前に動作確認と証拠を残しておく。

家電製品の中で、最も運びにくいものと言われているのが液晶テレビです。
何故運びにくいのかと言うと、バランスが悪く形が悪いからで、引越し業者にとってもできれば運びたくないものだと言われています。

 

家電製品で最も事故が起こりやすいものであり、事故が発生した時の保険などはしっかりと確認しておきたいですね。

 

基本的にテレビの搬出や搬入に関しては、引越し業者に任せてしまうことが一般的です。

 

ですので、自分では何かをすることはありませんが、引越し業者によっては指示されることもあるかもしれないので、事前に営業マンと相談しておくと良いですね。

 

 

液晶テレビの搬出と搬入に関して、もう1つ相談しておくべきなのが配線の取り外し、取りつけがあります。

 

 

周辺機器の取り付けに関しても同様なのですが、ここは引越し業者によって対応が別れますので、必ず確認するようにして下さい。

 

家電設置サービスなどを行っている業者の場合ですと、オプションサービスで有料とはなりますが、配線を行って周辺機器の取りつけも行ってくれます。

 

 

ただ業者によってはテレビの配線くらいならサービスで行ってくれることもあり、その点も含めて事前に確認しておくことをお勧めします。

 

液晶テレビを置くテレビ台やテレビボードの設置も含めて配線を考える必要があるケースだと、作業員の人がつけてくれるケースが多いです。

 

 

液晶テレビは先ほども書いたように事故が起こりやすい家電です。

 

ですので、当日までにキズの有無を確認した上で、写真をしっかりと撮っておくようにして下さい。

 

 

できれば加工がしにくいデジタルではなく、フィルム写真の方が良いですね。

 

簡易カメラでも充分なので部屋の様子を撮影するのと同時に、液晶テレビの撮影も行っておくと手間が省けます。

 

 

事故で言うと、液晶テレビの内部不具合が起こることもあるのですが、この補償に関しては難航することがあるので、引越しをする前、引越しをした後、いずれも作業スタッフ立会のもとでしっかりとテレビが映るかどうかを確認して下さい。

 

そうすると、言い逃れされにくくなります。