輸入家電に買い替える際のメリットやデメリット

お洒落だから欲しいけど本当に使えるの?

引越しをきっかけに家電を購入する方は多いですが、もし輸入家電を使用する場合は注意すべき点がいくつかあります。

 

 

外国製品だからといって故障しやすいわけではありませんが、特に気を付けなければいけないのが電圧です。

 

 

これは製品によっても異なりますが、電圧の違いによって使えない場合や、本来の性能を発揮できないこともあるので注意しましょう。

 

 

また、輸入元の国によってはコンセントの形状が違うため、そのままでは使えない製品もあります。

 

 

これらのデメリットは変圧器やアダプタなどを使用することで解決できる場合もありますが、消費電力も変わるため購入元に問い合わせるのが良いでしょう。

 

 

 

一方輸入家電のメリットは、その独特のデザインにあり、

 

アンティーク調のものもあれば、シンプルでおしゃれな製品も少なくありません。

 

 

それ単体で部屋の雰囲気がガラっと変わることもあるため、生活に彩りを加えることができます。

 

オーブンや冷蔵庫、洗濯機など、バリエーションも豊富です。

 

 

このような海外家電の有名なメーカーは色々あります。

 

例えば

  • ヨーロッパならフィリップス
  • ドイツのAEG(アーエーゲー)
  • アメリカのGE(ゼネラル・エレクトリック)

 

などが代表的です。

 

日本で海外の家電を販売しているお店では、これらのメーカーの製品を取り扱っていることがあります。

 

繰り返しになりますが、製造元の国によって電圧やプラグ形状が異なりますので、購入時にはしっかり確認しておきましょう。